お盆までに遺影をきれいに修復したい・・・早めの準備を

22.07.05 カテゴリー:コラム

 

何事も早めに用意という事で、この時期ならではのお問い合わせがございます。

お盆の時期までに遺影写真を綺麗に修復して仕上げて欲しいと言うご依頼。

 

年忌法要…百か日・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・
二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・四十三回忌・四十七回忌・五十回忌・百回忌
法要などは家族や親戚が顔を合わせることができる大切な行事です。
お盆の時期には、普段はなかな顔を合わせられない親戚が一堂に会し、
気持ちのつながりを深められる機会です。

故人を思い出しながら、現在の自分たちの幸せに感謝し、
人がいかに多くの人々に支えられているのかを実感することもできますね。

 


ご依頼内容としては

・葬儀の時には写真を探すことが出来なかったが、この表情の方が、
父らしい、母らしかった…もう一度、作り直したい

・長年飾っていたご先祖様の遺影写真が色褪せてしまい作り直したい

・旅行に行った場所や趣味で山登りをした思い出の景色を背景に合成したい

・写真にカビや傷があるので修正したい

・表情が硬いので少し笑顔にしたい

・写真の中で寄り添う二人にする

・髪のボリュームを少し持たせる

・シミや皺を伸ばしお肌を奇麗に

・顔の表情はこちらの写真で、お洋服はこちらの写真を合成して欲しい。

ご要望に合わせてお一人お一人、丁寧に写真を修正・加工致しますので、まずはご相談下さい。
改めて遺影を作る方はお盆前には多くのご注文がございますので

早目にお問合せくださいますようお願いします。

 

遺影写真の作成ページはコチラ