ちょっと珍しい巫女お守りのイラスト画

23.06.06 カテゴリー:コラム
京都大神宮(京都府京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町622番)
明治のご維新を迎え、江戸時代末期より盛んであったお伊勢参りが叶わない人々の為に、
全国都道府県に、伊勢神宮が遥拝出来る設備を設けるとの事で
京都大神宮ができたそうです。
 
本殿は、一条家の玄関及び書院を移築したもので立派です。
今の季節、紫陽花も綺麗に咲いています。

こちらは本殿の南側に祠がありますが、当初伊勢神宮の遥拝所として建てられたものです。
戦争中は、御神体安全のために用いられ、現在は、御神体は入っていないそうです。
 ちょっと 珍しいイラスト画が張ってありました。
巫女お守りというものもあるそうです。