健康診断は受けるまでが憂鬱ですよね(笑)

19.03.26 カテゴリー:コラム

この時期になると毎年、健康診断の予約を入れています。

 

病院 医院 診療所

 

年一回の生活習慣病予防検診で健康状態を把握するのですが、

受けるまでが憂鬱…

 

診察・問診・身体計測・血圧測定・腹囲・血中脂質検査(中性
脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)・
肝機能検査(GOT・GPT・γ‐GTP)・空腹時血糖・
尿検査(糖・蛋白)

胸部X線検査・胃部X線検査・心電図検査・便潜血検査・
末梢血液一般検査(ヘマトクリット値・血色素測定・赤血球
数・白血球数)・血中脂質検査(総コレステロール)・肝機能
検査(ALP)・腎機能検査(尿酸・クレアチニン)・
尿検査(潜血)・視力検査・聴力検査

たくさんの検査結果が出ます。

 

健康診断 検査結果

 

なかでも胃は、「胃カメラ検査」と「バリウム検査」
バリウム(造影剤)発泡剤を飲んで、X線を照射し胃の粘膜、形状をみるらしいのですが、
検査後に下剤を飲んでバリウムを体外へ出すのが非常にダメージが強く、
体調回復に一週間位かかります。

 

バリウムよりマシな胃カメラは「おぇっ(泣)」となり涙が出ます。
こちらはその時だけのダメージで回復します。

この頃では腹囲も大きくなっていないかドキドキです(笑)
週一度の テニス、日頃は歩く心がけをし、歯の定期健診をし健康維持の努力をしています。
将来、食べたい物を食べて、行きたい場所に自分一人で行ける身体。

 

今の健康状態の成績表みたいなものですね。