太子山町 秦家住宅

13.09.10 カテゴリー:コラム

弊社と同じ学区で祇園祭太子山町にある秦家住宅。

 


ホームページhttp://www.hata-ke.jp/01hata-ke/index.htmlによれば

秦家住宅は、元治元年(1864)におこった元治の戦いによって焼失後、


明治2年(1869)上棟された「表屋造り」の京町家です。


表構えは間口が5間、南側三間半を厨子2階建。

2階には額縁付きのむしこ窓を開き、北側1間半は下屋庇付きの平屋建。

二階むしこ窓の前には屋根付きの大きな看板を掲げている外観は 下京の

伝統的商家のおもむきをよく残しています。

表家、玄関棟、住居棟、土蔵(中庭・奥庭を含む)は、京都市有形文化財

 

登録になっています。