ご町内の大日如来様をお預かりさせて頂いております。

24.01.15 カテゴリー:コラム
弊社の中庭には 町内からあずかっています大日如来(だいにちにょらい)さんがあります。
昨日は京都・総本山聖護院さんより寒中托鉢(たくはつ)修行(心身を鍛える修行)としてお参りに来てくださいました。
山伏(修験者)たちが法螺貝(ほらがい)を鳴らしながら京都の街を巡る
京都の冬の風物詩となっています。
家内安全・無病息災・商売繁盛・町内安全・・・・等、祈願していただきました。

大日如来さんを預かるというのはとても責任がある事だと思います。

調べてみると仕事や人生において良い結果を得ることもでき、

知慧や慈悲を授けてくれたり、煩悩や障害を除いてくれたりしてくれ、
真言宗で最高の仏とされている存在だそうです。
仏花の水とお水を毎日替えて、蠟燭に火を灯し、線香を立てます。
毎月、お花を供えるのを忘れずに敬意と感謝の気持ちを持ってお参りしています。