京都・三条烏丸御所跡

12.09.13 カテゴリー:コラム

こちらは三条通烏丸西にある三条烏丸御所跡(さんじょうからすまごしょあと)の石碑です。

三条南殿の最古の居住者は、堀河(1079~1107)・鳥羽(1103~56)両天皇の乳母であった藤原光子で、

 

その後、藤原実能(1096~1157)に受け継がれ、実能から鳥羽法皇に献じられ、その御所となったそうです。

 

昭和62年に財団法人 京都市埋蔵文化財研究所が 京友禅の老舗  株式会社千總(ちそう)様の

 

委託を受けて発掘調査をしたところ庭園など水を導きいれる為の設備と庭園跡などを検出したようです。

 

京都の歴史は調べてみると「そーなんだ!」と思う事が沢山発見できて楽しいです。