生後すぐに亡くなられた弟様の写真の修復+カラー化

カテゴリー:レタッチブログ , 実際の加工例

京都府のお客様よりご依頼を頂きました。

(お客様より掲載の許可を頂きました。)

 

「1944年生まれの弟の写真があるのですが、生後すぐに亡くなったため、1枚しか残っておらず、何とか綺麗に修正、プリント現像して6人姉妹に渡したい。」とのことでご来社頂きました。

 

お写真を拝見して、お話をお伺いしている中で「白黒のままでも綺麗に修復出来ますが、1枚しか残っていないとの事なので、カラー化もされてみてはいかがでしょうか?」とご提案させて頂き、「せっかくの機会なので、是非カラー化でお願いしたい。」とおっしゃられたので、お見積りをお伝えし、正式にご依頼を頂戴しました。

 

修正作業に入り、まずは弊社の高解像度スキャナーで2Lサイズに拡大しても調子を逃さないようにスキャニングして画像化しました。

 

元のお写真をスキャニングした画像です。

 

データ化したものを白黒の状態にして色褪せ、剥がれなどを修復をして、弊社独自の技術でお顔が鮮明で自然な調子になるように修正加工しました。

 

白黒で修正した画像です。

 

 

その後、白黒の濃度から色彩を分析しながら写真がこなれるように彩色加工(カラー化加工)をしてプリント写真の仕上がりが綺麗になる様に全体の色調を調整しました。

 

カラー化した画像です。

 

 

 

再度ご来社頂き、白黒とカラー化で修正した完成画像をご確認頂き、「修正して頂き本当にありがとうございました。また再び弟に会えたような気がしました。天国にいる母もきっと喜んでいると思います。」と涙ぐんで喜んで頂きました。

2Lサイズで6枚プリントして完成画像データ(DVD)と一緒に納品させていただきました。

 

喜んで頂けて良かったです。

ありがとうございました。