厄除けの粽(ちまき)です!

13.08.09 カテゴリー:コラム
こちら祇園祭の芦刈山の粽です。

他県のお客様から「この粽は食べられるの・・・・?」と
ご質問が御座いましたので・・・・ブログを書かせて頂きます。
京都の方はご存知でしょうが、祇園祭の粽は厄除けの粽です。
これは食べ物のちまきではなく、それぞれの山鉾のご利益をもった
厄除けとして、玄関につるすものです。

粽にまつわる伝説は、八坂神社の祭神牛頭天王が一夜の宿を求めた際、
裕福な巨旦(こたん)には断られたが、その弟の貧しい蘇民将来には温かなもなしを受けた。

やがて行疫神となった牛頭天王は巨旦の国を疫病で滅ぼしたが、蘇民将来の子孫には害は

 

与えないと約束し、防疫の方法(粽)を教えたとの事。 

このため、粽には必ず「蘇民将来之子孫也」との札が添えられています。