【画像修正のネット注文店】手間暇かけて創ること

19.02.28 カテゴリー:コラム

人類の三大発明と呼ぶもの

 

火薬

羅針盤

活版印刷

 

 

この3つはそれまでの人間い生活を変えて発展の基礎を作ったということです。
他にも

電気

蒸気機関

自動車

電話

コンピューターなどを入れる説もあります。

 

この活版印刷(かっぱんいんさつ)は

550年ほど前にドイツのグーデンベルグさんが発明しました。
今はもう少ししか使われていない印刷技術ですが、

この技術により知識や情報などを印刷物から得る事となります。

 

 

活版印刷は 凹凸の面白み、わずかなインキの溜まりやかすれの味わい、

オフセット印刷が困難な紙への印刷、インキをつけずに凸版を押す空押しなど

手触りも楽しめる立体感もありますね。

手間暇かけて創ることは心に残るのではないでしょうか。

 

 

現在の主流はオフセット印刷で

写真や文字の細部まで鮮明に印刷することが可能

商業印刷物や美術印刷の多くはこの印刷方式が用いられています。
大量部数の印刷も、短時間でスピーディに仕上がります。

どちらも良さがありますね。