写真加工ネット注文店・伝統工芸ものづくりの未来、変化

19.02.26 カテゴリー:コラム

組紐(くみひも)とは、日本伝統の工芸品で、
絹糸を組み合わせて作る紐。
帯締めや羽織の紐などに使われています。

 

 

種類は四角い「角打ち紐」
リボン状に平たい「平打紐」
丸い「丸打紐」などに大きく分けられますがもっと種類はあるそうです。

奈良時代に中国から伝わって江戸時代には庶民にも広まりました。

 

最近では
東京2020パラリンピック
オフィシャルオンラインショップでは
組紐ネックストラップ
組紐キーホルダーが掲載されていました。

 

 

写真修復・写真修正・加工・

高解像度スキャニングの事なら

一般のお客様も、1点からでも

お気軽にお問合せ下さいませ。

(*勿論、お見積りは無料です。)

・料金・価格表について 

品質にご定評を頂き、全国よりご依頼を頂戴しております。