大判サイズのイラストのスキャニングと色調修正

カテゴリー:スキャニング , 実際の加工例

(*お客様より掲載の許可を頂戴しました。)

兵庫県淡路市のイラスト作家さまの遊木真帆様よりご依頼頂きました。

 

ご自分が描かれた「夫婦龍」と「昇龍」(暑さ3ミリのベニヤにアクリル絵具で描かれた)約60センチx113センチの2枚を原寸ポスターとハガキ用にスキャニングと色調の修正をさせて頂きました。

『ネットで検索した所、この大きさとリアルさが出せるスキャニングをして頂けるのは、朋成さんくらいしかなくて』と言う事で、淡路島からわざわざお越し頂きました。(高速で約2時間です)

 

「夫婦龍」

 

「昇龍」

 

この作品はベニア板に描かれていますのでソリがありました。

 

真っ直ぐ(平ら)な場合は問題ないのですが、ソリがあるとスキャニングの時そった部分はピントが合わずボケてしましますので、ボケない様に特殊な方法(具体的には言えませんが)でソリが無い様にスキャンします。調子に関しては、筆のタッチや絵の具の厚み(盛り)もリアルに出さないといけないので、こちらも階調を調整してスキャニングさせて頂きました。

それとこの作品には金色が使われていて、スキャニングで出来る限り出るようにはしますが、金や銀のような光っているものは出にくく、黒くなったり逆に白く飛んだりしますので、スキャン後金色を出す色調の修正が必要になります。

スキャン画像です。

 

 

スキャン画像でも調子や金色は出ていますが調整すると更に出てきます。

小さな画像では分かりずらいのでアップの画像です。

 

 

金色や調子がよく出ています。

モニターでご確認して頂いたところ、元のイラストよりも調子げ出ているくらいです!と喜んで頂きHPへの作品の掲載も快く許可を頂戴しました。

 

後日、遊木真帆様よりご丁寧にメールを頂戴しました。

 

ご丁寧にありがとうございます。リンクまでして頂き、ありがとうございます。

喜んで頂けて、本当に良かったです。

 |  »