1年の無事を祈って・・・

14.01.16 カテゴリー:コラム

新年が明けて、もう1月も半ば関西では小正月1月15日までを「松の内」として、

 

門松や正月飾りもこの日に片付ける風習があるようです。

 


いわゆる縁起物の花木にも、それぞれ意味があるそうで

 

松は、一年中葉を落とさない常緑樹であることから、永遠の命を象徴。

 

年神様を迎える目印となる門松や松飾りにし、新しい一年の安泰を願います。

 

葉牡丹は、祝福・利益・物事に動じない・愛を包むといった花言葉があるそうです

 

梅は、寒さをしのいで芳香を漂いほころび始める梅は、初春を告げる縁起物として、

 

古くから日本人に愛されてきました。

 

千両は、縁起の良い赤い色の実をつける千両・万両は、景気のよい名前にちなみ、

 

商売繁栄を願います。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村