創業120年記念龍村平蔵「時」を織る

13.04.23 カテゴリー:コラム
京都 高島屋 グランドホール

創業120年記念 龍村平蔵 「時」 を織る。

観賞して来ました。

「様式を学び、破る。」

進化し読ける、独自の美意識たち。

織物が立体の造形としてとらえ、どの作品も素晴しく感じました。

当社は祇園祭の 山鉾町 格致学区 芦刈山町に在住しております。

格致小学校 出身の 山口華楊先生に 山の 胴掛け(鶴) 見送り{ライオン)を戴き

龍村織物さんに造って戴きました御縁が有り 、最終日に参りました。

現在4代目さんが継がれていますが、歴史の重みを感じました

西岡靖雄