【写真加工】名古屋城・徳川園(黒門)

11.10.27 カテゴリー:画像加工+合成

名古屋城本丸の東約3kmの地にある徳川園は、徳川御三家筆頭である

尾張藩第二代藩主光友が、元禄8年(1695年)に自らの隠居所として

大曾根屋敷を造営したことを起源としています。

 

 

当時敷地は約13万坪(約44ha)の広さで、庭園内の泉水には16挺立の舟を

浮かべたと言われています。・・・・・これではその事が想像出来ないので

前の看板を取って下さいとのご依頼。

 

 

看板と奥のビルを取ることで、奥行きと広さがでました。

 

コメント入力欄

コメントするにはログインして下さい。